日本代表 1998 ユニフォーム ホーム 8番 中田英寿

日本 代表 ユニフォーム歴代最も記念意味を込めるのは1998年ユニフォーム ホームです。日本代表歴史上記念すべきワールドカップ初出場であり、国民の自慢感とワールドカップへの大きな期待を包まれたデザインと評価された。

今日は、日本 代表 ユニフォーム 1998 ホーム 8番 中田英寿を紹介します。まず、元日本代表選手中田英寿さんのサッカーキャリアを紹介したいです。

中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1月22日 – )は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。元日本代表。愛称は「ヒデ」。国際サッカー評議会(IFAB)諮問委員。日本代表のFIFAワールドカップ3大会連続出場に貢献した。FIFAベスト100入選。アジア年間最優秀選手賞2回、イタリア政府よりイタリア共和国功労勲章(カヴァリエーレ)受章された。U-17世界選手権(現在のU-17W杯)、ワールドユース(現在のU-20W杯)、U-23オリンピック、コンフェデレーションズカップ、W杯、以上のナショナルチーム主要世界大会すべてでゴールをあげた唯一の日本人選手である。中田英寿さんは本当に日本サッカー歴史上偉い人ですが、日本サッカー大きな貢献をあげた。

イメージ写真は中田英寿さんがモデルをとしての日本 代表 ユニフォーム 1998 ホームです。

【デザインコンセプト】

1、サッカー日本代表ホームユニフォームはレプリカのため、余裕のあるシルエットを採用しています。

2、記念すべきワールドカップ初出場モデルデザインに採用。

3、袖の炎が少し小さくなったマイナーチェンジモデル。

4、このモデルはadidas、PUMA、asicsの3社がサプライヤーを担当し、本大会モデルはasics 。背部には中田英寿さんの英語氏名と番号「8」をプリント。

5、メーカーロゴは刺繍、エンブレムは織りワッペン縫い付けます。

日本 代表 ユニフォーム 1992 ホーム 8番 中田英寿をご購入したいファン達はぜひこちらへ~今、このユニフォームはキャンペーン実施中、お買い得な商品ですよ。イメージ写真をリンクして、購入可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です